車の下取りと買取の違いを知っておこう

車の下取りや買取の区別がついていなかったり、誤解されている方は多いと思います。

車の購入に気をとられて下取り金額を気にしたり、古い車はディーラーに引き取ってもらうものだと思い込んでいる方が多いのでしょう。
確かに、景気の良い時代はディーラーとの付き合いがある方も多かったのですが、最近は節約志向もあってか、中古車人気は高いです。なかにはわざわざ古いモデルの車に乗りたがるマニアの方もいると思います。そこで初めて意識するようになったのが、新車購入にあたっての頭金の問題。これをどうやって捻出するかということです。

ハッキリと申し上げておきたいのが、下取りと買取は全く別だということです。表現の違いではありません。

下取りというのは、ディーラーが新車を購入される方を対象に車を引き取ること。この際、査定にあたっては日本自動車査定協会(JAAI)の発行するイエローブックや、オートオークションでの販売相場などが参考にされています。つまり、下取りはディーラー主導であるといっても過言ではないでしょう。

対して、買取というのは中古車専門店などが独自基準でお客様の車を査定し、金額を決定するものです。そのお店の流通経路などによって金額に差が出てくるのが特徴。ただ、低い金額になりがちな下取りなどと違って思わぬ高額査定が出ることも。

値引き前提の下取り価格とは慎重に比較する必要がありますが、両方チェックしておくのが賢い方法です。